唯美主義者の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS かくれんぼ。そのなな

<<   作成日時 : 2010/03/06 21:31   >>

かわいい ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 0

千秋は陽子を信じようと
静かに決意しました。





画像

これまでのお話はこちら…
かくれんぼ。そのいち
かくれんぼ。そのに
かくれんぼ。そのさん
かくれんぼ。そのよん
かくれんぼ。そのご
かくれんぼ。そのろく








そして…その時がついにやってきました。





画像




「ママー!ママー!!
 ‘きら’が起きない。
 ‘きら’が起きない!
 息してないよー!!」

桜子の切り裂くような悲痛な叫び声に
千秋は部屋を飛び出しました。

あれから一週間もたたない
ある夜のことです。

階下ではキトルを抱えた桜子が
母に泣いてすがっていました。



「お医者さん連れてって!
 ママー!
 ‘きら‘が死んじゃうー!!」

「桜子…桜子…お願い。
 お願いだから
 落ち着いてちょうだい。」

「ママ…‘きら’が…。」

「ごめんね。桜子。
 あのね…。
 ママには…
 ママ達には…見えないの。
 ‘きら’が見えないの。
 解る?」

「え…」



「母さん落ち着いて。
 桜子も落ち着け。
 部屋へ戻るんだ。
 しっかりしろ。」

千秋は桜子を引きずるように階段を登りながら
母を振り返ります。



画像




「桜子は僕が落ち着かせるから
 母さんはそこにいて。
 いいね?」

「だ…大丈夫…なの?」

「僕を信じて。」



父がまだ仕事から帰らない今
青ざめたままその場にしゃがみこんでしまった母も
どうにかしなければと考えながら千秋は
桜子を連れて部屋へ戻りました。







「桜子。
 キト…‘きら’をそこに寝かせるんだ。」

「え?」

涙で顔をくしゃくしゃにした桜子は
キトルを胸に抱えたまま
呆然としていました。

千秋はなだめるように桜子からキトルを離させ
机の片隅に作られたベッドへ横たえました。



画像




キトルはぴくともしませんが
その顔はとても安らかで今にも大あくびをして
目を覚ましそうです。



「この間
 陽子ちゃんに会ったんだ。」

「え?」

「陽子ちゃんは…
 キト…‘きら’の仲間なんだって。」

「え?」

「‘きら’の本当の名前は…
 キトルっていうんだ。」

桜子はもう返事もしません。

「キトルはこれから繭になるんだって。
 そしたら庭に埋めてあげるんだ。」





「埋める…の?
 ‘きら’を埋めちゃうの?
 ‘きら’本当に死んじゃったの?
 まだ暖かいよ?
 なんで?
 なんで埋めちゃうの?
 なんで!?」



画像




興奮する桜子をなだめるように
千秋は繰り返しました。

「今すぐじゃないよ。
 キトルはこれから繭になるんだ。
 繭になったら庭の木の下に埋めよう。
 そうすればきっと…。」

「やだ!
 なんで埋めるの?
 まだ死んでないもん。
 お兄ちゃんの意地悪!」

小さな桜子の両のこぶしが
千秋の胸をたたきます。

千秋も忍耐強く桜子をなだめていたのですが
もう限界のようです。





「キトルは生まれ変わるんだよ!

 繭になって…

 土の中で…

 生まれ…

 変わるんだ。」





やけになって口をついた自分の言葉に
千秋はようやく陽子の言った事が
理解できたのです。

そうです。
生まれ変わるということなのです。
器とはキトルの体のことです。
器が駄目になってしまうので
土に返すのです。



「生まれ…変わる…の?
 死んじゃうんじゃないの?」

「キトルの今の身体は
 駄目になっちゃったんだ。
 もうすぐ繭になるから
 そしたら土の中へ埋めてあげよう。
 そうだ。
 桜の木の下がいい。」

「桜って…
 あたしの木の?」

「そうだよ。
 桜子が生まれた時に
 父さんが植えてくれた
 桜子の木だよ。
 あの下に埋めてあげよう。」

「そしたら生き返るの?」

「桜子が信じてあげれば
 きっと。」

桜子は目を真っ赤にしながら
大きくうなずきました。





「信じる!」



画像






つづく。







感想などあればこちらからどうぞ。
ひとことメッセージ





※この記事にコメント欄はありません。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

お気に入りブログ


かくれんぼ。そのなな 唯美主義者の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる