テーマ:水彩館

綿毛の夢

ぼくもおおきくなったら あのやまのむこうへ いけるかな 花鳥風美 アルプスの見える土手で…。 キトルもがんばる!! ちょっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうか…

どうか お願いです どうか 一人でも多くの 尊い命を 助けてください 私には 祈ることしか できない どうか お願いです
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

サビタは夢を見た。

私は純白のドレスを着ていた。 夢だったのだろうか。 糊空木(ノリウツギ) アジサイ科アジサイ属の落葉低木 別名:ノリノキ・サビタ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

からいとそう

こんな花咲きました。 7月17日~18日に撮影 7月1日に撮影 4月23日に撮影 この雫お…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

はなかんむり。

あ、ちょうちょ。 ※この記事にコメント欄はありません。 感想などあればこちらからどうぞ。 ひとことメッセージ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少年は風になって… 写真は 4月21日 4月30日 5月1日 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

さくらふぶき。

大きな桜の木の下で…。 透明水彩使用。 久しぶりの「水彩館」の作品です。 原画にCG処理をしていないイラストは こちらのテーマに分類しています。 ※CG処理をしているイラストは テーマ「画廊」「画廊2」です。 身内の贔屓目で…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

いのり

あれから15年。 感想などあればこちらからどうぞ。 ひとことメッセージ
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

やまがら

スズメ目シジュウカラ科ヤマガラ(山雀) よく晴れた朝 かなり近くで撮影することが 出来ました。 感想などあればこちらからどうぞ。 ひとことメッセージ
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ゆきのおうじさま。

初雪の降った日に撮影した一枚の写真のイメージから生まれた王子様です。 色鉛筆使用 初雪の写真の記事はこちらです。 「初雪」 おまけです。 感想などあればこちらからどうぞ。 ひとことメッセージ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

銀狐

少々古い作品です。透明水彩使用。 「水彩館」で最初に紹介した作品と 同じ頃描いたものです。 興味のある方はこちら… 水彩館というものをつくりました。 このイラストを見て「11人いる!」を 思い出した方は相当な…です。 続編の方です。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

あかげら

昨日の朝、まだ青々としたモミジを眺めていました。 その時、林の中からアカゲラが飛んで来ました。 アカゲラはこの辺ではよく見かける野鳥なのだそうですが くっきりお腹の赤い羽根を見たのは初めてでした。 アカゲラはこの地区の住民協定のマスコットです。 また別の機会に紹介できればと思います。 今回…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

にゃんこと野ねずみ

「猫と野鼠の対決」(写真)で紹介した猫と野鼠を 描いてみました。 B4サイズです。水彩使用。 写真の記事はこちらです。 「猫と野鼠の対決」 「もうひとつの猫と野鼠の対決」 感想などあればこちらからどうぞ。 ひとことメッセージ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

妖精のお気に入り

スキャニングできない大きな作品はデジカメで撮影することにしました。 スキャナーと違って微妙に歪んでしまうのが難点です。 B2判パネル作品です。水彩使用。 見たことがあるという方もいると思いますが 童話「ジジの王子様」をアナログ化したものです。 この作品では王子様を王女様に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マンジュシャゲ

ペンと筆で描いた白黒の作品を紹介するのは 初めてだと思います。 このイラストは手元に原画がないので コピーをスキャニングしました。 少々古い作品ですがモノトーンのイラストとしては 気に入っています。 色がついていない分いろいろと想像できます。 また黒と白のバランスも重要になります。 描く側からする…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

リメイク「蝶」

これは「蝶」という古い作品のリメイクです。 当初「蝶」だけ紹介する予定でしたが いま描き直したらどんな感じになるのか挑戦してみました。 リメイクです。 やはり少々イメージが変わってしまいました。 こちらは「蝶」を描いた数ヵ月後に ペンとスクリーントーンでリメ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

蒼いカラー

カラーは初夏の花ですが 今年はあまりきれいに咲きませんでした。 花の色は私のイメージではやはり白でしょうか。 シンプルな花と葉の形をしているので 描きやすさからスケッチをおろそかにした 少々古いイラストです。 ちなみにこの人物は青年のつもりです。 透明水彩を使用しています。 お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のりうつぎの下で

朝夕めっきり涼しくなってきました。 半袖では寒いくらいです。 それでも日中、日向に出るとまだまだ暑いです。 ノリウツギの木陰がとても気持ちよさそうだったので こんな絵を描いてみました。 色鉛筆使用。 感想などあればこちらからどうぞ。 ひとことメッセージ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

こいうた

B2判パネル作品(部分)です。大きすぎるのでデジカメで撮影しました。 水彩使用。 感想などあればこちらからどうぞ。 ひとことメッセージ
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カメラを持つ青年

大人っぽい女性を描いたら必然的に男性も描きたくなりました。 ふとデジカメのパンフレットが目に入りました。 表紙を飾るのは大好きな俳優さんでした。 早速模写を始めたのですがぜんぜん似ていません。 模写は諦めて自己流のさわやかな青年を描いてみました。 このイラストを見ただけでモデルが誰かわかる方は …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

暑いのでペンギンです。

突然暑さが戻ってきました。 午前中から32℃を越える地域もあったようです。 少しでも涼しくなればと思い南極のアデリーペンギンを スケッチしてみました。 アデリーペンギンの親子はよく使うモチーフです。 学生の時に描いた絵を見て 「こんなきたないのはペンギンじゃない」 と講師にこき下ろされました。 「毛が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

蔓草花新種

可笑しなタイトルですみません。 少しもアール・ヌーヴォー様式ではありませんが アール・ヌーヴォーに夢中だった時期に描いた作品です。 原画はB4サイズ。相変わらず全部スキャンできず 切れてしまっています…。透明水彩使用。 アール・ヌーヴォーの代表的なアーティスト アルフォンス・ミュシャの作品を見たこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少し前に話題になりました。

似ているかいないかはさておき 人物を模写した作品はあまりありません。 これを描いたときは「TM NETWORK」が 一番のお気に入りでした。かなり前のことです。 印象に残っている曲は♪humansystemでしょうか。 その後「米米CLUB」「POCEKET BISCUITS」と お笑い系に転んで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

草原をテーマにした作品です。

先ほど友人から蒸し暑いですとメールが来ました。 それなら涼しくなれそうなイラストはないか 探してみたところ少し古いですがありました。 タイトルは「草原の憂鬱-5月2日セナ死す-」 涼むというより暗くなるタイトルです…ね。 それと草原というよりは高原です…ね。 F1レーサーのA.セナ氏が事故死し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最初は人魚を描く予定だったんですが…。

下絵を描いているうちにどうしても 足を描きたくなってしまいこうなりました。 タイトルは「海」です。ハガキサイズ。 追記:2009/7/18am7:17 当初のイメージです。   感想などはこちらからどうぞ ひとことメッセージ
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

手描きのイラストはたいていB4サイズです。

私の使っているスキャナーはA4サイズなので ほとんどの作品が切れてしまいます。 わけてスキャニングして合成しようと試みたのですが 失敗しました。 タイトル「読書の四季」 秋じゃなくても本は読みます! …ではなくて…フィクションの世界では四季も 情景も様々だし想像しながら読んでいくと その世界に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

季節感なくてすみません。木蓮です。

古い作品の上、故あって手元に原画がありません。 カラーコピーをスキャニングしたので不鮮明ですが 割と気に入っている作品なので いつかデジタルで復元したいという野望があります。 無謀でしょうか。 タイトルは「もくれん」です。 ちなみにこの作品はペン+透明水彩です。 これもカラーコピーからのスキャニングです…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more